学部・コース

社会学部

現代社会学科

 現代社会学科は、「文化・アイデンティティ」「共生・臨床社会」「情報・メディア」の三領域を中心とし、それぞれ、文化(社会意識や宗教)とアイデンティティ、社会問題(犯罪や差別)と共生、情報社会と現代におけるコミュニケーションやメディアを扱う科目が置かれています。また、基礎科目や学科共通科目として社会学の基礎や現代社会の諸側面を学ぶ科目もあります。
 社会学の一番の魅力は対象の幅広さでしょう。よく、人間のすることで社会学の対象にならないものはない、などと言われます。上記の三領域に含まれない問題や現象であっても、それを卒業レポートのテーマとし、指導を受けながら研究することができます。
 通信で学ぶ方の多くは社会経験をお持ちだと思います。職場や家庭、地域などで現在直面している問題やこれまでの人生で経験したことの社会的意味といった幅広いテーマを扱うことができるのが現代社会学科の特長です。

公共政策学科

「地域社会を支える人材を育成する」これが公共政策学科の基本となるコンセプトです。公共政策学科では、それぞれの地域に暮らす生活者として、あるいは地域を支える自治体職員の立場から、地域の課題を発見し、これを改善・解決していく能力を身につけ、さらに政策を実現するための計画立案や方法論を学習します。
 産業の衰退、人口の流出、コミュニティ機能の喪失、少子高齢化など、地域社会では問題が山積しています。こうした地域におけるさまざまな問題の解決のために、スクーリングでは事例研究をとおして課題を分析するために、教員による授業だけではなく、学生が相互に意見交換しながら、いくつもの可能性を引き出し、分析し課題解決能力を向上させることを目指しています。
 公共政策学科では、地方自治体の運営や、社会政策、都市計画のあり方、環境問題、経済構造の変化への対応など、政治学・経済学・社会学・都市計画学・環境学の専門的な知識だけでなく、社会調査の方法を用いて分析する技術の応用まで、幅広い教育課程を提供し、つねに地域社会の現実を見つめながら、住民生活の改善のために、地域に対する問題意識と学問研究を結びつけ、地域に貢献できる人材養成を行っています。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ