学部・コース

仏教学部

仏教学科浄土・仏教コース/仏教文化コース

仏教の思想や歴史、文化現象を学ぶ

インドにおいて釈尊(ゴータマ・ブッダ)によって開かれた仏教。この思想と、法然上人によって開かれた浄土宗の思想を中心に、経典などの文献や、美術・芸能・文学作品などを通して、仏教の思想や歴史、文化現象を学びます。

学びのポイント

仏教の変容のあり方を探る

仏教が、時代の変遷や風土・文化の違う地域を通過することでどのように変容したのか、変わらない要素は何か。これらの問いを、文献の読解を中心として研究していきます。

仏教の影響を受けた文化現象を学ぶ

仏教は伝来した地域に住む人々の精神文化に大きな影響を与え、それが思想・美術・文学として発展していきました。それら仏教に関わる多様な文化現象も研究の対象としています。

文献読解に必要な語学、歴史知識を習得

浄土・仏教コースでは、仏教や浄土宗の文献をじっくりと読解することにより研究を進めます。そのために必要となる語学や歴史などの基礎知識を得るための講義を用意しています。

絵画や彫刻といった視覚的な資料を活用

仏教文化コースでは、文献だけでなく、彫刻や絵画も研究資料となります。美術作品としてではなく、仏教思想との関わりから鑑賞するための知識を身につけます。

コース紹介

浄土・仏教コース

アジア諸国でさまざまに展開した仏教の思想や、浄土宗の教えの思想と歴史を研究。経典などの文献読解を中心に仏教の根本思想を学びます。

仏教文化コース

伝来した地域の思想や芸術に影響を与え、発展を促してきた仏教に関わる文化現象を、思想史、美術史、書誌学などに基づき研究します。

PICK UP 科目

浄土学の基礎

インド大乗仏教から生まれた浄土教思想を思想史的な流れの上に捉え、その教えや歴史、古来の思想家たちの考えについて学びます。

初期仏教講読

仏教の代表的な経典『法句経』を講読します。他部派の伝承や並行句も参照しながら、内容を正確に理解し、仏教の普遍的意義を捉えます。

※「PICK UP科目」の情報は2019年度のものです。2020年度は変更になる場合があります。

取得できる教員免許状・資格

【教員免許状】

  • 中学校「社会」
  • 高等学校「地理歴史」
  • 高等学校「公民」
  • 中学校・高等学校「宗教」
  • 特別支援学校

【資格】

  • 浄土宗教師(浄土・仏教コースのみ)
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 学校司書
DATA & VOICE

年齢別在学者数

2019年5月1日現在

エリア別在学者数

北海道 5名(1.7%)
東北 13名(4.4%)
関東・甲信越 93名(31.6%)
北陸・東海 39名(13.3%)
近畿 101名(34.4%)
中国 18名(6.1%)
四国 3名(1.0%)
九州・沖縄 22名(7.5%)

2019年5月1日現在

入学した理由(抜粋)

  • 仏教を学べて、4年制大学の卒業資格も取れるから
  • 介護士として職場での心のあり方のヒントを学びたかったから
  • 定年退職を機に、夢だった仏教研究に取り組むため
教育研究上の目的と3つのポリシー
TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ