サポート体制

皆さんの学びをサポートします

各種制度や支援について紹介しています。

各種制度

奨学金制度

佛教大学通信教育課程奨学金

対象:学部(本科)生で2年生以上4年生まで(最短修業年限内)
給付額:年間学費の半額相当(7万円)を出願選考により、学業優秀な方に給付(返還不要)。給付期間は当該年度限り。
その他日本学生支援機構奨学金もあります。

学費ローン

学部(本科)、課程本科に入学された方は、2年目以降の学費については学費ローンの制度が利用できます。また、学部(本科)で科目別履修登録される場合にも同じく利用できます。学費ローンについては、株式会社セディナと学生の個人契約となります。

通学課程への転籍

転籍規程に定める条件を満たし試験に合格すれば、通学課程の相応年次に転籍が許可されます。

託児施設

本学開催のスクーリングの際には、お子様を預けられる託児施設を開設しています。
対象年齢:3歳~小学校6年生まで

学習相談・学習サポーター・学友会・支援

学習相談

事務局内に学習相談室を設置し、みなさんの学習計画の立て方をはじめとした学習相談を担当する専門の相談員を配置しています。予約による面接相談やWebカメラ等を利用した相談や問い合わせに応じ、きめ細やかなサポートをしています。

学習サポーター

全国に、学習サポーター(本学通信教育課程の卒業生、修了生)を配置し、学習会で学習相談を行っています。経験をふまえたアドバイスを身近で聞くことができます。

学友会

通信教育課程に在籍する学生によって組織され、学習の進展と地域での親睦を目的に、自主的な活動をしているのが学友会です。全国10ブロックに支部があり、各支部でオリエンテーションや、情報交換会、本学の教員を講師とする教科学習会などを開催。夏期スクーリングに合わせて、夏の祭典などの行事を主催しています。

リポートの書き方・卒業論文の取り組み方学習会

大学が主催する学習会で、本学会場で専任教員からリポートの書き方や卒業論文の作成について直接指導を受けることができます。

教職支援センター

「実習支援」、「教職支援」、「教師教育支援」を行う教職支援センターが設置されています。教員を目指されている方は、教職支援センターに所属する学校教育現場や教育行政の経験豊富な実習指導講師による、教員養成講座を受けることができます。

福祉教育開発センター

社会福祉士国家試験受験資格、精神保健福祉士国家試験受験資格、保育士資格の取得に向けて、専任講師、非常勤講師、全国各地に巡回指導講師を配置し、実習教育のサポート体制を整えています。  国家試験受験対策として、模擬試験を実施しています。

関連トピック

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ