課程・コース

文学部

日本文学科

 京都には、『山城国風土記』の賀茂伝説から、最近では広瀬未衣『青い月の夜、もう一度彼女に恋をする』まで、数多くの文学作品があります。
 本学科は、京都にある大学の日本文学科として、こうした、古典から現代まで幅広い文学作品が学べるよう、日本語学や書道文化も含めて、すべての分野に専門スタッフを配置しています。
 こうしたスタッフとともに、基礎ゼミ、専門ゼミ、講読、特講、フィールドワークなどのスクーリング、テキスト履修、個別面談等をとおして、奈良時代以来、現代に至るまで様々な時代の文学作品を、ことばを軸に読み解き、それらの歴史的背景や文化的状況を視野に入れつつ、今日を生きる私たちにとって文学、そしてことばが持つ意味を多角的に探究し、現代社会で生きていく力を育成していきます。
 書道文化も、漢字・仮名にわたって教養を深め、実技科目をとおして技量を高めることができます。

中国学科

 中国は長い歴史を持ち、文学や思想をはじめとする様々な分野で優れた伝統を持つ国です。近現代の新しい中国もそうした伝統と無縁ではありません。
 中国学科では、詩や散文、史書や小説といった古典文学だけでなく、『論語』をはじめとする諸子の思想も研究対象としています。もちろん魯迅に代表される近現代の文学、思想、文化まで幅広く学ぶことができます。
 日本では、古くから訓読という方法で中国の古典に親しんできましたが、中国学科では古典を対象にする場合でも、訓読ではなく中国語として学習することを基本にしています。訓読は便利で優れた方法ですが、書かれた通りの順に読んでいかないのですから、極めて特殊な読み方と言えるでしょう。例えば、杜甫、李白、白居易などの古典詩のリズムも、中国漢字音でなければ感じ取ることも難しいものです。現代中国語(口語)を学ぶことで、古典詩を中国漢字音で読む面白さを味わうことができます。
 中国学科では、現代中国語の基本となる発音や、簡単な文章運用能力、読解力を養成しながら、具体的な作品や文献の研究を進めていくことになります。

英米学科

 英米学科には、高校からストレートに入学してきた人から社会人、元社会人まで多数の方が在籍しています。趣味を深めたいという人から、免許や資格を取りたいという人、英語に磨きをかけたいという人など、その目的も様々。アイデンティティが異なり、目的が違っていても、通信教育課程で学ぶ人は皆同じ強い気持ちを持っています――思いを形に変えたい、という気持ちを。英米学科の通信教育課程で優れて特徴的なのは、在籍者が多様な文化背景を持っていることです。日本が最大集団ですが、中国、台湾、韓国、フィリピン、アメリカ、イギリス、フランス、バングラデシュ、ブラジルなど、異なった母語と異なった文化や伝統を持つ人たちが集う集団、これが通信教育課程の英米学科です。一年に何度も受講するスクーリングでは、多様な文化背景を持った人たちによるディスカッションでクラスが活性化します。是非、多様性から生まれる知的な刺激に満ちた空間と時間を体験してください。

関連トピック

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ