課程・コース

科目履修コース

科目等履修生として、目的に応じて、必要となる授業科目を登録・履修し、単位を修得することができます。なお、登録できるのは1教職もしくは1資格のみです。修業年限(最長在学期間)は1年ですが、1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。1年間に登録できるのは、テキスト履修科目20科目まで、総単位数44単位までです。

教員免許状課程

「教員免許状課程」では、出身大学または短期大学において教員免許状の取得に必要な科目(単位)の大半を修得した方が、不足している科目(単位)のみを修得することにより教員免許状を取得することができるほか、すでに教員免許状を所持する方が、必要な科目(単位)を修得することで、上級免許状、他教科免許状、隣接校種免許状を取得することも可能です。

取得可能な
教員免許状
高等学校1種
(地理歴史・公民・国語・書道・宗教・中国語・英語・数学・情報・福祉)
中学校1種・2種
(社会・国語・宗教・中国語・英語・数学)
小学校1種・2種
幼稚園1種・2種
特別支援学校1種・2種
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。
留意事項
  • ・教育実習指導、教育実習、介護等体験指導、介護等体験、教職実践演習、社会福祉総合実習にかかる科目は登録できません。当該科目の履修を必要とされる方は、「学部(本科)」もしくは「課程本科」へご入学ください。
  • ・教員免許状の授与申請について、現職の方は勤務する学校の所在地の都道府県教育委員会に、現職でない方は居住地の都道府県教育委員会に個人での申請を行ってください。
  • ・修得を必要とする不足している科目(単位)については、ご自身の責任において、出身大学・短期大学もしくは、都道府県教育委員会で指導を受けてください。
教員免許状取得のための必要条件
科目履修コース
不足する単位の修得(第5条別表第1) 同校種他教科免許状の取得(第6条別表第4) 所持する教員免許状の上進(第6条別表第3) 特別支援学校教諭免許状の取得・上進(第6条別表第7) 隣接校種免許状の取得 (第6条別表第8)
以下の単位を修得済
・教育実習
・教職実践演習(特別支援以外)
・介護等体験(小学校・中学校のみ)
教員免許状(所持している免許状)
教員としての在職年数
※教育委員会での確認が必要
出身大学・短期大学で 単位指導を受ける 都道府県教育委員会で単位指導を受ける
本学科目履修コースで必要な科目(単位)の修得
開講科目一覧 開講科目一覧 開講科目一覧 開講科目一覧 開講科目一覧
個人で都道府県教育委員会へ教員免許状の授与申請(個人申請)

資格課程

「資格課程」では、図書館司書、学校図書館司書教諭、学校司書、浄土宗教師の各資格取得に必要な科目の登録・履修が可能です。

図書館司書
入学資格 日本の大学または短期大学を卒業もしくは2019年3月(後期入学の場合は9月)卒業見込みの方
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。
留意事項
  • はじめて履修される方 → 【開講科目一覧】の13科目26単位を登録・履修してください。
  • 一部他大学で修得済の方 → 【開講科目一覧】を確認し、必要な科目を登録・履修してください。登録科目が不明な場合は、必ず出身大学へこの冊子を持参して、相談してください。
  • 一部本学通信教育課程で修得済の方 → 2012年度入学者よりカリキュラムが新しくなっています。2012年度以前に修得済みの科目(単位)がある方は、志願前に本学へお問い合わせください。
  • 図書館に関する科目を修得された後の手続きについて
    本学科目履修コースにて、図書館に関する科目をすべて履修された方が当該資格を有することを証明するには、任命権者(都道府県および市町村の教育委員会等図書館の管理機関)に対して、出身大学(短期大学)が発行する「卒業証明書」および本学が発行する「単位修得証明書(図書館司書)」を提出してください。
開講科目一覧 こちらをご覧ください
学校図書館司書教諭
入学資格 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・聾・養護学校)のいずれかの教員免許状を所持している方
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。
留意事項
  • はじめて履修される方 → 【開講科目一覧】の5科目10単位を登録・履修してください。
  • 一部修得済みの方 → 5科目10単位のうち他大学等で新規則での一部修得単位がある方は、「単位修得証明書」(学校図書館法の法定科目の記載があるもの)を提出し、不足している科目(単位)のみを登録してください。
  • 志願時に、すでに所持している教員免許状の「教育職員免許状授与証明書」(教育委員会発行)もしくは教育免許状の写しを提出してください。
  • 1999年4月より学校図書館法施行規則が改正されており、改正前の旧規則にて一部単位を修得されている方はその単位が無効となり、新規則による科目すべての履修が必要となります。
  • 学校図書館司書教諭の修了証書は【開講科目一覧】のすべて科目を修得した後、本学を介して学校図書館司書教諭講習の実施校を通じて文部科学省へ申請の手続きを行うことによって、実際には司書教諭の講習に参加することなく、修了証書が交付される扱いとなります。
  • 毎年5月頃文部科学省より官報の告示があり次第、本学にて一括し、学校図書館司書教諭講習校を通じて文部科学省へ申請手続きを行います。申請後の翌年3~4月に修了証書が授与されます。したがって入学後、修了証書授与までは2年~2年半の期間を必要としますので留意してください。
開講科目一覧 こちらをご覧ください
学校司書
入学資格 日本の大学または短期大学を卒業もしくは2019年3月(後期入学の場合は9月)卒業見込みの方
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。
留意事項
  • はじめて履修される方 → 【開講科目一覧】13科目25単位を登録・履修してください。
  • 図書館司書を所持されている方 → 【開講科目一覧】の8科目15単位を登録・履修してください。
  • 教育職員免許状を所持されている方 → 上記※2を確認し、登録・履修してください。「特別の支援を必要とする幼児、児童及び生徒に対する理解」の事項を含む科目(「特別な教育的ニーズの理解と支援」)は、2019年新設科目につき、2018年以前に教育職員免許状を取得された場合は必ず履修が必要となりますことにご留意ください。
  • 学校図書館司書教諭を所持されている方 → 【開講科目一覧】を確認し、6科目12単位を登録・履修してください。
  • 科目を一部他大学で修得済みの方 → 【開講科目一覧】を確認し、必要な科目のみ登録・履修してください。登録科目が不明な場合は、必ず出身大学へこの冊子を持参して、相談してください。
  • 一部本学通信教育課程で修得済みの方 → 必要な科目のみを登録・履修してください。図書館司書において2012年以前に修得された科目(単位)ならびに法改正前に教育職員免許状を取得された方で「学校教育概論」に該当する科目の確認が必要な場合は、入学志願前に本学へお問い合わせください。
  • 学校司書に関する科目を修得された後の手続きについて
    出身大学(短期大学)が発行する「卒業証明書」および本学が発行する「単位修得証明書(学校司書)」を提示することにより、学校司書となる資格を有する者として証明することが可能です。一部科目を修得済みの場合、修得済みの「単位修得証明書」をあわせて提示しなければならないことに留意してください。
開講科目一覧 こちらをご覧ください
浄土宗教師
入学資格 日本の大学を卒業または大学在学中で入学年度に満20歳を越える方
修業年限 2年
最長在学期間 6年
留意事項
  • 伝宗伝戎道場に入行するには60 単位すべて取得が必要(登録上限なし)
  • 「浄土学に関する科目」、「仏教学に関する科目」、「現代社会と教団に関する科目」にはそれぞれ選択科目がありますので、修得単位を確認し履修してください。
開講科目一覧 こちらをご覧ください
少僧都進叙
入学資格 僧侶分限規程(宗規第34号)僧階、教階及び学階査定に関する規程(宗規第78号)に基づく「律師」を有し、かつ、学校教育法に定める大学を卒業し、又はこれと同等以上の学力があると認められる者
修業年限 1年
最長在学期間 3年
留意事項
  • 必要単位を修得後、申請により「単位修得証明書(宗務庁用)」を発行いたしますので、各自で僧階の進叙および教階・学階の新授与の申請を行ってください。申請の詳細については、浄土宗宗務庁へお問い合わせください。
  • 履修科目について、佛教大学通信教育課程においてすでに修得済み科目がある方は、一部履修が不要となる場合がありますので、入学志願前に本学へお問い合わせください。
開講科目一覧 こちらをご覧ください

教養課程

教養課程では、本学通信教育課程の学部(本科)で開講されている授業科目の一部を登録・履修することができます。大学改革支援・学位授与機構での学位取得希望の方もこの課程により必要な科目を履修することが可能です。

入学資格 登録・履修することができるのは、高等学校卒業以上の方に限ります。
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修できなかった場合は、所定の期間に手続きをすることによって1年ごとに最長3年まで在籍を延長することができます。
留意事項 履修方法欄に「SR」と記載のある科目は、スクーリングの受講が必要です。スクーリングを受講するためには入学後、所定の期間内に申込みが必要となります。
スクーリング受講日数および金額は受講種別により異なります。掲載の日数・金額はすべて本学会場で受講した場合のものです。
開講科目一覧 こちらをご覧ください

探究プログラム

教養を深めることを目的としたプログラムです。「書道探究」「仏教探究」「京都探究」の3プログラムを開設しています。

入学資格 大学の入学資格を得ている方
修業年限 1年
最長在学期間 3年
留意事項
  • スクーリング開講日程の関係上、前期はⅠ期〜Ⅱ期、後期入学はⅣ期〜Ⅴ期に入学手続きを完了してください。
  • 各プログラム全科目を修得した場合、修了証明書を発行します。
開講科目一覧

特例制度による幼稚園教諭免許状・保育士資格課程

認定こども園法改正に伴う幼稚園教諭免許状及び保育士資格が取得できます。

「幼保連携型認定こども園」が新たに創設されました。改正認定こども園法の施行(平成27年4月以降)後5年間は、幼稚園教諭免許状または保育士資格のいずれかを有していれば、「幼保連携型認定こども園」に「保育教諭」として勤務できますが、その後は両方の免許状・資格が必要になります。免許状・資格の併有を促進するため、幼稚園教諭免許状または保育士資格を有する実務経験3年以上の方を対象にした免許状・資格の取得に関する特例制度が設けられました。5年間の経過措置の期間中については、免許状・資格の取得に必要な単位数等が軽減されます。佛教大学通信教育課程では、科目履修コースに特例制度に対応した課程を開設しました。もう一つの免許状・資格を、最低限の単位数で取得することができます。

取得希望 幼稚園教諭免許状 保育士資格
修業年限 1年
※最長受講期間は前期入学の場合は2年、後期入学の場合は1.5年になります。
開講科目 6科目8単位
(スクーリング受講日数2日間)
4科目8単位
(スクーリング受講日数10日間)
開講科目一覧 開講科目一覧
費用概算 68,500円
(入学時の必要経費32,500円と学費・スクーリング履修費を合わせた概算額です)
TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ