佛教大学通信教育課程

課程・コース

科目履修コース

科目等履修生として、目的に応じて、必要となる授業科目を登録・履修し、単位を修得することができます。なお、登録できるのは1教職もしくは1資格のみです。修業年限(最長在学期間)は1年です(浄土宗教師資格のみ最長在学期間は3年)。1年間に登録できるのは、テキスト履修科目20科目まで、総単位数56単位までです。1年間で登録した科目(単位)を修得できず満了退学され、再度、当該科目(単位)の修得を希望される場合は、新たに入学手続きや入学時の登録費用・学費等が必要となります。

教員免許状課程

「教員免許状課程」では、出身大学、短期大学において教員免許状の取得に必要な科目(単位)の大半を修得した方が、不足している科目(単位)のみを修得することにより教員免許状を取得することができます。また、すでに教員免許状を所持している方が、必要な科目(単位)を修得することで、上級免許状、他教科免許状、隣接校種免許状を取得することも可能です。

取得可能な
教員免許状
高等学校1種
(地理歴史・公民・国語・書道・宗教・中国語・英語・数学・情報・福祉)
中学校1種・2種
(社会・国語・宗教・中国語・英語・数学)
小学校1種・2種
幼稚園1種・2種
特別支援学校1種・2種
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修し、年度末をもって在籍期間満了退学となります。
留意事項
  • 教員免許状の授与申請は、各自で行っていただきます。不足している科目・単位数は、ご自身の責任において、出身大学・短期大学もしくは、授与申請先の教育委員会で確認してください。
  • 教育実習研究、教育実習、介護等体験研究、介護等体験、教職実践演習、社会福祉総合実習にかかる科目は登録できません。当該科目の履修を必要とされる方は、「学部(本科)」もしくは「課程本科」へご入学ください。

資格課程

「資格課程」では、図書館司書資格、学校図書館司書教諭、浄土宗教師資格の取得に必要な科目ならびに社会福祉援助技術現場実習にかかる科目の登録・履修が可能です。

図書館司書資格
入学資格 日本の大学または短期大学を卒業もしくは2017年3月(後期入学の場合は9月)卒業見込みの方
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修し、年度末をもって在籍期間満了退学となります。
留意事項
  • 図書館に関する科目を修得された後の手続きについて・・・図書館司書となる資格を有するものとして図書館法第5条第一号において、「大学を卒業した者で、大学において文部科学省令で定める図書館に関する科目を履修したもの」とあります。本学科目履修コースにて、図書館に関する科目をすべて履修された方が当該資格を有することを証明するには、任命権者(都道府県および市町村の教育委員会等図書館の管理機関)に対して出身大学(短期大学)が発行する「卒業証明書」および本学が発行する「単位修得証明書(図書館司書資格)」を提出してください。
学校図書館司書教諭資格
入学資格 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲・聾・養護学校)のいずれかの教員免許状を所持している方
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修し、年度末をもって在籍期間満了退学となります。
留意事項
  • 学校図書館司書教諭の修了証書授与までは、最短でも入学後2年~2年半の期間を必要とします。
浄土宗教師資格
入学資格

平成18年度改定後の僧侶分限規程(宗規第34号)僧階、教階及び学階査定に関する規程(宗規第78号)に基づく「律師資格」を有し、かつ、次のいずれかの項目に該当する方

  1. 日本の大学を卒業した方または2017年3月(後期入学の場合は9月)に卒業見込みの方
  2. 外国において学校教育における16年の課程を修了した方または2017年3月(後期入学の場合は9月)修了見込みの方
    (4年制大学に相当する課程を卒業)
  3. 文部科学大臣の指定した方
  4. 学校教育法第104条第4項に定める方(独立行政法人大学評価・学位授与機構において学位を取得した方)
  5. そのほか、本学において大学を卒業した方と同等以上の学力があると認められた方

修業年限 1年
最長在学期間 3年
留意事項
  • 本コースでは、浄土宗教師資格の僧階「律師」を有する方が、僧階の進叙(律師から少僧都へ)および学階の新授与(得業)に必要な科目(単位)を履修することができます。
社会福祉援助技術現場実習
入学資格

次の5つの要件を満たす方に限ります。

  1. 本学通信教育課程社会福祉学科の卒業生であること
  2. 原則として卒業後5年以内であること
  3. 在学中に「社会福祉士国家試験受験資格」の科目別履修登録を行ない、旧規程における法定の社会福祉士指定科目「社会福祉援助技術現場実習」(本学開設科目「社会福祉援助技術現場実習Ⅰ」(2単位)と「社会福祉援助技術現場実習Ⅱ」(2単位)もしくは、「社会福祉援助技術現場実習」(4単位))のみ未修得であること
  4. 京都府、大阪府、兵庫県を中心とした近畿圏内にある本学の指定実習施設で実習が可能であること
  5. 入学後、入学要項P.126の<参考>に記載の実施スケジュールで履修ができること
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修し、年度末をもって在籍期間満了退学となります。
留意事項
  • 社会福祉士および介護福祉士法の改正に伴い、2009年度以降の入学生は一律で改正後の新規程の指定科目の履修が義務付けられました。したがって、旧規程で現場実習のみが未履修の場合であっても、新規程の現場実習を履修する必要がありますので留意してください。
  • 卒業後に、学校教育法による大学、大学院または短期大学で履修することが法令上で認められているのは「社会福祉援助技術現場実習」のみです。同科目以外に未履修未修得の社会福祉士指定科目がある方で、それらの科目の登録・履修を希望する場合は、学部(本科)の社会福祉学部社会福祉学科に入学してください。

教養課程

教養課程では、本学通信教育課程の学部(本科)で開講されている授業科目の一部を登録・履修することができます。大学評価・学位授与機構での学位取得希望の方もこの課程により必要な科目を履修することが可能です。

入学資格 登録・履修することができるのは、高等学校卒業以上の方に限ります。
修業年限 1年
※1年間で登録した科目を履修し、年度末をもって在籍期間満了退学となります。
TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ