佛教大学通信教育課程

課程・コース

社会福祉学部

社会福祉学は、人の尊厳を脅かす諸問題―貧困、孤立、生活困難、暴力、虐待、排除、差別などへの社会科学的な分析を踏まえて、個人の尊重と生存権保障、発達の観点から政府の役割・責任、専門職活動のありかた、市民活動のありかたを探ります。社会福祉の専門資格(国家試験受験資格)、保育士の取得を目指す人だけではなく、市民としても必要な学問といえます。

社会福祉学部長 岡﨑 祐司

人材養成の目的
  • 仏教精神に基く豊かな人間性と寛容な精神を有した人材を養成する。
  • 社会や人間について広く深い教養を身につけた人材を養成する。
  • 幅広い知識と技能、実践力を身につけた福祉社会を担う人材を養成する。
  • 主体的に学ぶ姿勢をもち、自らの課題を発見し取り組むことのできる探求力を有した人材を養成する。

社会福祉学科

広範な領域にわたる充実したカリキュラムを編成し、社会福祉に対する多様な視点を養います

社会福祉学部は、地域福祉・精神保健福祉・医療福祉・低所得福祉・高齢福祉・児童福祉・保育など複合領域からなる学部です。

これまで50年以上にわたって福祉の専門職養成を行い、いろいろな背景や要因によって生活や発達に困難を抱えている子どもやおとなに対する関心と理解を深め、その援助ができる理論と技術の基本を身につけた専門家を全国各地に送り出してきました。また、社会福祉のあり方を政治・経済・文化等との関連でとらえ、個人の尊厳と社会正義を基本に、差別や人権の抑圧がない平和で安全な社会の実現をめざし、多様な人々・組織等と協働して活動できる人材を養成しようとしてきました。

ニーズが多様化・複雑化し、大きな転換期にある社会福祉。その歴史と現在から未来を見つめ、共生社会における福祉の制度・実践・地域づくりへの基本的な視点と力を学ぶ場をみなさんに提供できることを願っています。

在学生・卒業生の声

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ