佛教大学通信教育課程

課程・コース

社会福祉学部

 社会には仕事や生活、人間関係、発達などの面でなんらかの困難をもつ人、孤立しがちな人がいます。社会福祉学とは、そうした現実に向き合い、全ての人が個人として尊重され、その人らしく生涯を歩み、社会の一員として参加と機会が保障される「福祉社会」の実現のために、専門職はどう活動するべきか、政府はどんな役割をはたすべきか、市民はどのような活動ができるのかを追求する学問です。人権を尊重し平和で安定した社会を創造するという意味で、積極的で挑戦的な学問です。社会福祉学を学ぶことで、人と社会への分析力、多様な人とかかわるコミュニケーション力、現実に向き合う実践力について学ぶことができます。通信教育課程には年齢、職業などさまざまな方が学んでおれら、授業も熱心でわれわれ教員もやりがいを強く感じています。社会福祉を学問としてしっかりつかみたいという方、またそのうえで社会福祉士や教員免許などの諸資格・免許をとりたいという方をお待ちしています。

社会福祉学部長 岡﨑 祐司

人材養成の目的
  • 仏教精神に基く豊かな人間性と寛容な精神を有した人材を養成する。
  • 社会や人間について広く深い教養を身につけた人材を養成する。
  • 幅広い知識と技能、実践力を身につけた福祉社会を担う人材を養成する。
  • 主体的に学ぶ姿勢をもち、自らの課題を発見し取り組むことのできる探求力を有した人材を養成する。

社会福祉学科

50年にわたって福祉や保育の現場で活躍する人材を養成してきた実績に支えられた、理論と実践からなる教育プログラムで、あなたも着実な学びを体験してください

 社会福祉学科では、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、地域福祉、医療福祉の5領域に加え、低所得者対策などをはじめとする福祉政策、生活保護受給者等の課題をめぐる社会保障制度、乳幼児の保育、さらに精神保健福祉などの領域までも幅広く網羅した教育課程を提供し、理論と実践の両面を兼ね備えた福祉職の養成を50年以上にわたって行ってきました。

 さまざまな要因によって生活や発達に困難を抱えている児童や成人に対して理解を深めながら、援助していくための理論と技能を修得した専門家を育成してきました。社会福祉士や精神保健福祉士養成の分野においても、卒業生による「佛教大学社会福祉士の会」が組織され、その実績が社会から一定の評価を得ています。

 また、福祉教育開発センターとの連携により、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士の人材育成のために実習教育の推進を図り、学生の実習に関する情報提供を行っています。

 本学科では社会福祉のあり方を歴史、政治、経済等との関連でとらえることを重視しています。個人の尊厳と社会正義を基本に、差別や人権の抑圧がない平和な社会の実現をめざし、多様な人々や組織と協働して活動する人材が、福祉の現場でも求められています。そうした点をふまえ、社会福祉を学習する機会を提供します。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ