佛教大学通信教育課程

課程・コース

仏教学部

 仏教の姿は、人々の信仰を核に、地域の文化風土と相まって伝播し根付いて来たものであり、インドにはじまり東アジア・東南アジアなど地域によってもその姿は多種多様です。

 浄土学の領域では、宗祖法然上人とその門下の思想、また中国の善導大師などの浄土教祖師の思想を学べます。仏教学の領域では、古代のインド思想や、原始仏教・部派仏教から大乗仏教の思想を学べます。仏教文化の領域では、生活の中に息づいている仏教を、思想史・文化史(美術史・文学・書誌学)などの立場から学ぶことができます。

 仏教信仰を、仏像・絵巻物・文献を通して探ってみませんか?自分の興味が研究に結びついていく過程を味わってください。仏教を学ぶことは自分自身を見つめていくことになります。

仏教学部長 松永 知海

人材養成の目的
  • 建学の理念に基く豊かな人間性と確固たる倫理観、感謝の精神をもち、自利と利他に精進する人材を養成する。
  • 仏教精神を鏡として自己をみつめ、常に自己啓発しうるとともに、他者の苦楽や悲喜、また自然の恵みに共感できる人材を養成する。
  • 仏教の和合の精神に基き、平等で平和な社会に向けて、その役割を果たせる人材を養成する。
  • 仏教を中心としつつ、社会人として必要な総合的教養を身につけた人材を養成する。
  • 仏教に関わる諸領域における学修を通して、さまざまな問題を把握する力と解決の能力をもった人材を養成する。

仏教学科浄土・仏教コース/仏教文化コース

インド、中国、日本へと遥かな旅路を経て伝来した仏教、その道のりをあなたも辿ってみませんか

 最古の経典と言われる『スッタニパータ』には、「勝れたものを知り、勝れたものを与え、勝れたものをもたらす勝れた人、無上の人が、勝れた教えをお説きになった。これも仏のうちにある精妙な宝。わたくしのこの真実の言葉によって幸いあれ」(第二章小さき章第一経宝)*と説かれています。佛教大学で仏教を学ぼうと、この『大学案内』を手にされた瞬間から、あなたはその深奥なる世界の入口に立っているのです。

 仏教に興味をひかれたきっかけは人さまざまでしょう。ブッダの教えを、もっと深く学んでみたいという思いや般若経典に説かれている「空」の思想をもっと詳しく理解してみたいといった考えから、あるいはインドで成立した浄土教、その経典に説かれた教えが中国から日本に流伝し、法然上人によって浄土宗が開宗されるまでの過程を具体的に理解してみたいという気持ちから、「浄土・仏教学コース」を志すのもよいかもしれません。

 また、仏教が特定の時代や地域において、思想、絵画芸術、伝統芸能や文学に与えた影響を、現代に残る遺跡や作品から考究し、仏教文化の諸相を解明しようとの思いなど、自分の興味のある領域から仏教にアプローチすることもできる「仏教文化コース」があります。

 仏教学科では、このように二つの研究領域から、あなたにふさわしい学びが発見できます。
*『スッタニパータ〔釈尊のことば〕』(講談社学術文庫 2289)の本庄良文訳を引用しました。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ