佛教大学通信教育課程

課程・コース

文学部

文学部は、日本文学科・中国学科・英米学科の3学科から成っています。しかし、言葉に注目し、深く考え、人間や世界の本質と文化の特色とをとらえようとする点においては、三つの学科とも違いはありません。言葉を知り、駆使することを通して、日本と異文化との違いに気づき、同時に共通性にもめくばりをし、日本と世界とのつながりを考えていきます。

文学部長 鵜飼 光昌

人材養成の目的
  • 建学の理念に基き、自己および他者を見つめて相互理解を形成し、さらに世界の多様性をふまえて社会で活動する人材を養成する。
  • 言語とそれに基く文化についての基本的理解を有する人材を養成する。
  • 日本、中国、英語圏の諸文化について深い理解を有する人材を養成する。
  • 日本語、中国語、英語、さらにはその他の言語についての運用能力を有する人材を養成する。
  • 国際交流の場において受信とともに発信の能力を有する人材を養成する。

日本文学科

日本文学や日本語学を通して、学問の楽しさを再発見し、生涯学習の確かな基盤を築きます

日本文学科では、上代(奈良時代)から近現代(明治以降)までの日本文学、日本語、さらに書道文化を研究領域として、作品研究、作家研究などからアプローチします。単なる作品鑑賞や作家論に留まらず、作品の時代背景や成立事情、作家の意図したものを詳細に学習することで、日本文学の特徴を鮮明に理解していきます。

また、日本語学の分野では難しいという思い込みを払拭して、文法や語法を基礎から専門領域にわたって学ぶことができます。そのため専攻科目をスクーリング科目とし、「講読」では作品を丹念に読み、「特講」では担当教員が最も得意とする専門分野を研究方法を中心に講義します。さらに「専門ゼミ」では演習形式で卒業論文執筆を視野に入れた発展的内容を扱います。学びの成果を最終的には卒業論文としてまとめることになりますが、その指導を二段階にわけて丁寧に行なっていることも特色です。指導教員と何度も計画書および草稿のやりとりをしながら、内容を整理し、論点を明確にし、表現技術も高めながら、論文としての完成度を高めていきます。豊かな人生経験を深みのある研究活動に展開していけるところが通信教育課程の学びの特色です。

中国学科

中国は、歴史の長さも文化の厚みも、そして研究対象としての面白さも、世界第一級の国です

中国は、文学・思想をはじめとするさまざまな分野で、長くすぐれた伝統をもつ国です。近現代の新しい中国もそうした伝統と無縁ではありません。中国学科では、魯迅などに代表される近現代の文学・思想・文化はもちろん、中国が世界に誇る伝統文化まで幅広く学べるカリキュラムを用意しています。日本では、古くから訓読という方法で中国の古典に親しんできましたが、中国学科では古典を対象にする場合でも、訓読ではなく現代中国語を基礎とした学習を基本にしています。訓読は便利ですぐれた方法ですが、書かれているとおりの順番で読んでいかないのですから、きわめて特殊な読み方です。訓読では、たとえば杜甫、李白、白楽天などで知られる中国の古典詩のリズムを把握することも不可能です。まず現代中国語(口語)を学んで、古典についても原音で読むおもしろさを味わってください。中国学科では、専門教育への導入となる外国語科目で、基本となる発音の習得や簡単な文章運用能力、読解力の養成を行ないます。スクーリングの授業において集中的に学び、レベルアップしていくための確かな基礎を築いてください。また、専攻科目においても、スクーリングの授業で具体的な作品や文献の研究を行ないながら同時に中国語のレベルアップを図ります。

英米学科

伝統的な研究もポップなカルチャーも

英米学科では、専門の基礎科目として、英米文学や英語学の概論、実用的な英語コミュニケーションの科目などを開講。専攻科目では、英米文学と英語学の専門的学習に重点を置いたカリキュラムを編成しています。英米文学(文献による詩、小説、演劇の作品研究)だけでなく、映画やミュージカルなどのポピュラーカルチャーも教材として活用しています。また英語学では、英語という言葉の構造を、音声、単語、文法、歴史的変遷などさまざまな角度から学びます。なお本学科には、英語教育学を専門とする専任教員もいます。もちろん中学・高校の英語の教員免許状を取得することもできます。演習の授業や卒業論文に向けた研究を通して、英語の指導方法など英語教育学を深く研究していくことも可能です。文学や語学の研究には、その背景になっている文化について理解を深めることも重要です。関連科目には、イギリスやアメリカの文化を、哲学、歴史、宗教などさまざまな角度から学んでいく科目が配置されています。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ