佛教大学通信教育課程

学び方

テキスト履修

※大学院は修士課程博士後期課程をご覧ください。

テキスト履修「印刷教材等による授業」は、通信教育課程において中心となる履修方法です。

T履修(T・S履修の「T」を含む)

テキスト履修「印刷教材等による授業」は、通信教育課程において中心となる履修方法です。指定されたテキストをもとに自宅で学習し、科目ごとに与えられた設題についてリポートを作成、提出します。そして翌月、開催している全国の試験会場から、希望の会場を選び、試験(科目最終試験)を受験することにより、科目の単位を修得していきます。R履修、R・S履修、VR履修の「R」は、下の「履修の流れ」のうちリポート提出による添削とその合否結果によって履修が完了します。

テキスト履修科目の単位認定と履修期限

以下の履修期間内にリポート、科目最終試験ともに合格した科目は、各単位認定日に単位が認定されます。

履修期間
単位認定日
5月までに初回リポートを提出し、
6月試験までに受験し、両方に合格した科目
9月25日 ※1
9月までに初回リポートを提出し、
10月試験までに受験し、両方に合格した科目
12月20日
前年11月までに初回リポートを提出し、
12月試験までに受験し、両方に合格した科目
3月25日 ※1
3月までに初回リポートを提出し、
翌年度4月試験までに受験し、両方に合格した科目
6月20日 ※2

※1 学部(本科)卒業ならびに課程本科修了について、前期卒業/修了(3月25日付)する場合は、3月25日付の単位認定日の履修期限までに、後期卒業/修了(9月25日付)する場合は、9月25日付の単位認定日の履修期限までに、テキスト履修科目をすべて完了しておく必要があります。この履修期限を越えた場合は、いずれも卒業/修了が半年先に繰り越されますので、年度を越えた場合は学費(1年間分)が必要となります。
※2 前年度に在籍し、修得した科目(単位)のみ単位認定の対象となります。

テキスト履修の流れ
テキストの購入 テキストは各自で購入します。詳しくは入学後、補助教材等で案内します(テキスト代金は、科目によって異なります。1科目2,000〜2,500円程度の価格帯が中心です)。
テキスト学習/リポート作成 リポートの設題は『シラバス(テキスト履修科目)』(補助教材)に記載されています。テキストを読み終えたら、与えられた設題に基づいてリポートを作成します。リポート字数は科目の単位数によって右記のように定められています。

リポートの字数
1単位:1,600字分(400字詰原稿用紙× 4ページ分)
2単位:3,200字分(400字詰原稿用紙× 8ページ分)
4単位:6,400字分(400字詰原稿用紙×16ページ分)
リポート提出/科目最終試験受験申込み 初回リポートは毎月1日〜10日に、最大4科目※まで提出することができます(インターネット、郵送または持参)。また同時に、リポート提出する科目の科目最終試験(翌月実施)の受験申込みを行います。
※不合格による再提出のリポート、R履修、VR履修、R・S履修のリポートは4科目に含みません。科目最終試験受験申込みの4科目には再受験科目を含みます。

自宅等にパソコンとインターネット接続環境を有する方は、SSTnetシステムを利用することで、パソコン上でリポートの提出と科目最終試験の受験申込みを行うことが可能です。
科目最終試験の受験 初回リポートを提出した翌月の試験実施日に、申込みをした会場で科目最終試験を受験します(リポート提出科目および再受験科目)。科目最終試験は毎月1回(5月・10月は2回、6月・12月は無し)実施され、1日に最大4科目まで受験することができます。
科目最終試験の試験時間
リポートの評価 評価は提出から2〜3ヵ月後に送付されます。

※不合格の場合は、リポートを再提出します(随時提出可)。
科目最終試験の評価 科目最終試験の結果は、受験の翌月に送付されます。

※不合格の場合は、再度1日〜10日に受験申込みを行ない、受験します。
合格
合格
テキスト履修完了

科目最終試験の試験時間

※1回の試験で受験できる科目数は、最大4科目です。

  午前 午後
1時限 2時限 3時限 4時限
1科目受験する場合 選択 10:00〜11:00      
    13:00〜14:00  
2科目受験する場合 選択 10:00〜12:00*  
  13:00〜15:00*
3科目受験する場合 10:00〜12:00* 13:00〜14:00  
4科目受験する場合 10:00〜12:00* 13:00〜15:00*

*印は2科目連続実施

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ