佛教大学通信教育課程

学び方

履修方法全般

※大学院は修士課程博士後期課程をご覧ください。

ここでは、通信教育課程の科目ごとの履修方法(学習の方法)を紹介します。

T履修

指定されたテキストをもとに自宅で学習します。
テキスト等を読み、与えられた設題についてリポートを作成、提出すると同時に科目最終試験の受験申込みをします。翌月、科目最終試験を受験し、リポート、科目最終試験ともに合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

R履修

指定されたテキストをもとに自宅で学習します。
テキスト等を読み、与えられた設題についてリポートを作成、提出します。
合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

VR履修

指定されたDVD、テキスト等をもとに自宅で学習します。
ビデオの視聴とテキストを読み、与えられた設題についてリポートを作成、提出します。
合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

S履修

キャンパス(学外会場を含む)に登学して、教員から直接授業(面接授業)を受けます。
科目ごとに定められたスクーリングの受講時間すべてに出席し、実施される試験に合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

SR履修

キャンパス(学外会場を含む)に登学して、教員から直接授業(面接授業)を受けます。科目ごとに定められたスクーリングの受講時間すべてに出席し、そこで指示された課題について、テキスト等で学習を深め、期日までにリポートを作成、提出します。合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

T・S履修

「T履修」と「S履修」を並行して行います。リポート、科目最終試験、スクーリングすべてに合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

R・S履修

「R履修」と「S履修」を並行して行います。リポート、スクーリングともに合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。

I・S履修

メディア教材により学習する「I履修」と「S履修」を併用する履修方法です。「I履修」は、自宅からインターネットを活用してメディア教材で学習を進め、演習や小テスト等を行い理解を深めます。その後にスクーリングを受講し、合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。※履修にあたってはインターネット接続環境を有していること等が必要となります。

SIS履修

「S履修」→「I履修」→「S履修」と段階的に行う履修形態です。定められた受講時間すべてに出席し、I履修を行った後、最後のスクーリング時に実施される試験に合格すれば履修完了となり、所定の単位認定日に修得単位として認定されます。※履修にあたってはインターネット接続環境を有していること等が必要となります。

E履修

教員免許状や資格取得のための配属実習です。

G履修

研究の成果を体系的に論述する論文(卒業論文・卒業レポート)を作成します。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ