佛教大学通信教育課程

通信教育課程について

歴史とあゆみ

明治元年 (1868) 知恩院山内に仏教講究の機関を設置
明治3年 (1870) 知恩院山内に「仮勧学場」を設置
明治31年 (1898) 佛教専門学校の前身、浄土宗学本校を二分し、高等専門科を浄土宗専門学院と称する
明治34年 (1901) 洛東如意ヶ嶽の山麓、鹿ケ谷に校舎を落成・移転
明治45年 (1912) 専門学校令に基づく「高等学院」を開設
大正2年 (1913) 名称を「佛教専門学校」と改める
昭和9年 (1934) 上京区鷹野北町96(現在地)に移転
昭和24年 (1949) 佛教専門学校から「佛教大学」に昇格
仏教学部仏教学科(通学課程)を開設
昭和26年 (1951) 通信講座開設
昭和28年 (1953) 関西で最初の通信制大学を開設(正規課程)
第1回夏期スクーリング開講
昭和37年 (1962) 仏教福祉学科(社会福祉学科の前身)を開設
昭和40年 (1965) 仏教学部を文学部に改組し、国文学科を開設
仏教福祉学科を社会福祉学科に改称
昭和41年 (1966) 文学部に史学科開設
昭和42年 (1967) 社会学部を設置(社会学科を開設し、社会福祉学科を文学部より移行)
昭和43年 (1968) 文学部に教育学科を開設
昭和44年 (1969) 日曜スクーリングを開始
昭和46年 (1971) 課程本科を開設
通信制大学専攻科(仏教学専攻科)を開設
昭和56年 (1981) 文学部に英文学科を開設
昭和60年 (1985) 学外スクーリングを開始
本科以外の課程として教養講座をはじめ3課程を増設
平成3年 (1991) 文学部に中国文学科を開設
平成7年 (1995) 社会学部に応用社会学科を開設
平成8年 (1996) 教育学部を設置(教育学科を文学部より移行・3学部9学科)
平成11年 (1999) 通信制大学院を開設(3研究科9専攻)
平成13年 (2001) 通信制大学院に国文学専攻、社会学研究科に社会学専攻を開設(3研究科11専攻)
国文学科を日本語日本文学科、中国文学科を中国語中国文学科、英文学科を英語英米文学科に改称
平成15年 (2003) 通信制大学院文学研究科に仏教学専攻・日本史学専攻(博士後期課程)、教育学研究科に臨床心理学専攻(修士課程)を開設
平成16年 (2004) 文学部の3学科(仏教・史・日本語日本文)を統合し人文学科として開設
中国語中国文学科を中国学科に、英語英米文学科を英米学科に改称
社会学部の3学科(社会・応用社会・社会福祉)を改組再編し、社会学部と社会福祉学部の2学部を設置
社会学部に現代社会学科・公共政策学科、社会福祉学部に社会福祉学科を開設
平成18年 (2006) 大学院社会福祉学研究科を開設
平成22年 (2010) 文学部を改組し、日本文学科、中国学科、英米学科に再編
仏教学部に仏教学科、 歴史学部に歴史学科・歴史文化学科を開設
平成27年 (2015) 大学院文学研究科を改組し、仏教学専攻・文学専攻・歴史学専攻に再編
TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ