課程・コース

文学研究科

仏教学専攻(修士課程/博士後期課程)

インド・チベット・中国・日本の仏教、
および法然教学・浄土学、仏教文化に関する
高度な専門的知識と研究能力を持つ人材を養成します。

ポイント
専門の知識を高度に養いながら、仏教文献の解読や思想の分析を中心とする仏教研究を推進しています

2500年前の古代インドに誕生した仏教は、アジア各地のさまざまな文化と融合して変容をとげながら、それぞれの地に膨大な量の仏教文献を残しました。仏教学研究の領域においては、修士課程で経典や律典といった仏教聖典、あるいは仏教思想家の著作などのアジア各地に残された仏教文献を解読し、その思想を分析することを中心に取り組みます。また博士課程では文献を選んで指導教員のもとで解読研究を行い、その思想を分析して各自の言葉で論述することが基本となります。

教学思想・教理史から、信仰・実践論にいたるまで浄土宗学・浄土教学研究のさらなる展開と深化をめざしています

浄土学研究の領域でははじめに浄土教学そのものの特質を明らかにし、仏教学はもちろん、関連分野とも比較して学際的に浄土学を位置づけ、浄土学研究方法を示します。同時にインド・中国・日本の仏教を通観する研究眼を養い、とくに浄土教の流れや諸相を正しく把握して、インドに発生し中国と日本において熟した阿弥陀仏信仰に関する理解のもとで、純粋浄土教の研究のさらなる展開と深化をめざします。原典研究と資料の吟味には徹底を期し、教学・教理・思想はもちろん、信仰実践論にいたるまで幅広い研究分野と研究方法を培って学生の研究指導に取り組む指導を行います。

多様に展開・表現された仏教文化を通じて、永遠なるものを求めてやまない「人間」の姿を学びます

仏教文化研究の領域では、日本を中心としつつ、アジア全般にわたる広い視野から「文化現象としての仏教」を研究します。経典注釈、歴史記録、文学作品などの文献資料や、絵画、仏像・神像などの美術資料、あるいは習俗や民間的な祭祀、行事などの民俗資料を対象に、思想史、文化史(美術学・書誌学)などの方法論を駆使して、仏教学、宗教学、歴史学、国文学、民俗学などに限定されない領域横断的な関心と視野の中で究明する知の実践が特徴です。永遠なるものを希求していく「人間」の営みを学びます。

文学専攻(修士課程)

日本・中国・英米の言語・文学・思想・文化に関する専門的知識を修得。
広い視野をもつ高度専門職業人や高度教養人の養成、生涯学習を含む様々な学習機会の提供にも重点を置いています。

社会の変化に対応して、文学専攻では、研究者養成だけでなく、広い視野をもつ高度専門職業人や高度教養人の養成にも重点を置きます。そのために、組織・入試・カリキュラムの3つにおいて

  1. 組織においては、下位区分として日本文学系、中国文学系、英米文学系の3つの学系を置いています。
  2. 入試においては、面接を重視します。
  3. 修士課程のカリキュラムは、文学専攻という大枠の下で、3つの学系の科目が体系的に用意されています。また、文学専攻として、4つの共通の基礎科目や、7つの専攻共通科目を用意したうえで、さらに、3つの学系から1つを主専攻に選んだ院生が、他の学系の科目をも学修できるよう制度的にも保証しています。
ポイント
各時代の国文学、国語学、書道文化の教育・研究に専任の教員を配置しています

日本文学系では、上代から近・現代に至る各時代の日本文学および日本語学、書道文化、仏教文学に関する精深な学識の修得に努めることを目的とし、上代、中古、中世、近世、近・現代、日本語学、書道文化の各専門分野に専任の教員を揃えて指導にあたります。
特に、近・現代の担当者は4人おり、小説、詩歌、評論、アニメなど幅広い研究領域をカバーしています。

中国に関する幅広く、かつ専門的な知識を有し、日中の交流に貢献できる人材を養成します

中国文学系では、古典から近現代に関する資料に拠って、文学のみならず、さまざまな分野にアプローチできるカリキュラムが特徴。各分野に関する専門知識を獲得し、その後に各自が研究領域の研究を深めていきます。中国に関する幅広く、かつ専門的な知識を有し、21世紀における日中の交流に貢献できる人材の養成を目指しています。

英語力の向上に努め、英米文学、英語学、英語教育の研究を促進します

英米文学系は、大まかに英米の文学作品の中から詩、小説、戯曲、評論などを研究する文学研究と英語を研究対象とする英語学研究に分けることができます。英語教育や英米の思想に関する科目も開設しています。研究で扱うものは英語で書かれた文献が中心です。英語を使って話す・聞くといった能力も高めることができます。専門知識の習得だけではなく、実用的英語能力をさらに高めようと考えている人にとっても有効な学習の場を提供しています。

歴史学専攻(修士課程/博士後期課程)

世界史的・人類史的な視野からの歴史学研究を通じて、
歴史学に関する広汎で高度な専門的知識や
分析・研究の技能を活用できる人材を養成します。

ポイント
世界史的視野に立った、広汎で高度な歴史学に関する教養

近年の歴史学研究は、政治・経済・文化の国際化、少子化、環境・資源問題などの社会環境の変化のなかで、一国史的な枠組みが解体しつつあり、研究・学修環境の国際化・学際化に対応して世界史的・人類史的な視野からの研究が必要になっています。専門科目の学修を中心としながら、近接分野の知識を広く学修して、多様な研究視角や研究方法に関する基礎的知識を身につけ、自らの研究を広い視野で位置づけます。

研究に必要な基礎能力や技能の涵養

より広い視野から高度な歴史学の専門知識を習得し、独創的な研究方法を確立するために、歴史学に関する高度な専門知識と学際的な知識、専門領域や近接関連領域の研究状況・研究到達点や研究成果を踏まえて、文献読解の高度な語学力と史資料の収集・分析などの研究技能、専門的な研究の視点、分析・総合の方法、立論の方法を学修し、歴史学に関する視野の広がりや研究的思考の深化を図ります。

実践的な学問への展開

歴史学に関する高度な教養を身につけた人(職業人や研究者)に求められるのは、理論と実務をつなぐことのできる実践的な能力、すなわち専門的・学術的な事項を利用可能な形で社会に広く発信できる能力です。そのために、フィールドワークなど体験型の学修や、史(資)料を情報源として取り扱う知識や実践的技能の修得、歴史情報として社会に発信する史(資)料や調査・研究の成果などを情報化するための学修を進めます。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ