佛教大学通信教育課程

課程・コース

社会学部

通信教育のよいところは私たち教員も学生の皆様の社会経験をお聞きして学べることです。教員と学生がともに学ぶ大学の姿があります。テキストでしっかりと学習し、スクーリングで教員と学生が互いに刺激しあえるように勉強しましょう。

社会学部長 近藤 敏夫

人材養成の目的
  • 仏教精神に基く豊かな人間性と確固たる倫理観、感謝の精神をもち、共生社会の形成に資する人材を養成する。
  • 自己を見つめる力、自分の考えを伝え他者の考えを理解する力、他者を尊重し共に行動する力をもった人材を養成する。
  • 社会学および公共政策学をはじめとする各専門領域の学修を通じて、社会人として求められる総合的な教養を身につけた人材を養成する。
  • 現代社会の諸課題に積極的に取り組むために必要な専門性と実行力を備えた人材を養成する。

現代社会学科

人間と社会と時代に正面から向き合いながら、未来への道筋を探ります

現代社会を社会学の立場から分析・研究する─これが本学科の基本的な性格です。社会の流れに対応して、専攻科目に3領域の科目群を開設しています。文化・アイデンティティの領域では、グローバル化の時代における異文化理解・人間理解・自己理解に関する科目を配置。共生・臨床社会の領域では、共生やジェンダーに関する科目から病理現象やその臨床的対応について考える科目まで、現代社会に象徴的な事象を扱う科目を開講しています。また情報・メディアの領域では、高度情報通信社会における多様な社会的コミュニケーションやメディア文化の特質について学ぶ科目のほか、インターネットなどを利用したコミュニケーション能力を高める実習系科目も用意しています。それぞれの領域からの履修を通して現代社会に対する総合的な理解を図った上で、各自の興味にもとづく自由な科目選択を行ない、専門性を養っていきます。現代社会には多様な問題が存在します。マスコミが取り上げる問題に意識が向かいがちですが、平凡な日常の中にも大事な問題が隠れています。社会的に顕在化した問題だけでなく、潜在的な問題に対する発見能力も磨き高めていくことができます。

公共政策学科

あなたがいま住んでいる町や村を研究の対象にしながら、地域を天職にできる人材を育てます

地域を天職にする人材を育てる─これが公共政策学科のコンセプトです。「環境・コミュニティ」と「公共マネジメント」の領域を設定し、地域に暮らす人たちが、住民の立場から、あるいは地域を支える自治体職員の立場から、より積極的に地域の課題を発見し、解決していく力を獲得し、また一層高めていくことを目指す学科です。産業の衰退、人口の流出、コミュニティ機能の喪失、少子高齢化……。地域社会はいま問題が山積しています。本学科には、こうした地域の問題を実際に暮らしの中で実感し、暮らしやすい地域にしていこうと希望する人たちが入学してきます。それぞれの地域が抱えている問題をスクーリングという機会に持ち寄り、交流し、多様な事例にもとづく研究や考察を繰り返す。こうして課題の分析・解決能力を高めていくとともに、事例紹介を通じて現場型の学びを多様に展開していく科目も用意されています。あなたがいま住んでいる町や村が、公共政策学科での学習・研究の対象です。地域に対する問題意識を学問研究に結びつけ、あなた自身が地域再生の強力な牽引力となっていってください。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ