佛教大学通信教育課程

取得可能な免許・資格

社会福祉士国家試験受験資格

取得方法

学部(本科)生

大学卒業(学士の学位取得)と同時に社会福祉士国家試験受験資格の取得が可能です(入学後「科目別履修登録」が必須)。社会福祉学部社会福祉学科へ入学してください。

学部(本科)

学費

学部(本科)
入学年次 1年次 2年次編入 3年次編入
入学時の必要経費 178,000円 203,000円 203,000円
2年目以降の学費・学友会費 442,500円 295,000円 147,500円
スクーリング履修費 234,000円 171,000円 99,000円
2年目以降の学費・学友会費 854,500円 669,000円 449,500円

入学後に科目別履修登録費やスクーリング履修費、実習費として316,000円が必要です。

よくある質問

社会福祉士国家試験受験資格を取得するためには現場実習が必要であると聞きました。くわしく教えてください。

1科目4単位で「実務24日間以上かつ、180時間以上」が必要です。1日における実務実習時間は、原則として8時間ですが、実習施設の勤務体制に準じます。実習開始日から終了日まで56日間以内で実施しなければなりません。実習は、「近畿圏を中心とした本学が厚生労働省に申請・許可を得た指定実習指導者が在籍している指定実習施設」のみで実施可能となり、近畿圏以外に在住の方であっても、実習は本学の指定実習施設で行なうことになります。

社会福祉士と精神保健福祉士、実習はそれぞれに必要ですか。

それぞれに必要です。社会福祉士は「社会福祉援助技術現場実習」が必要です。本学が提示する一つの施設で「24日間以上、かつ、180時間以上」の実習が必要となります。
また、精神保健福祉士は「精神保健福祉援助技術現場実習」が必要です。本学の指定実習施設の中から選択し、「17日間以上、かつ、135時間以上」の実習が必要となる実習と、本学の指定実習医療機関の中から実習先を指定し、「12日間以上、かつ、90時間以上」の実習が必要となる実習があります。

社会福祉士国家試験受験資格取得のために必要な社会福祉援助技術現場実習指定施設で、現在勤務をしております。勤務によって、実習を免除されないのでしょうか。

本学通信教育課程入学前に1年以上相談援助の業務に従事した方は、社会福祉援助技術現場実習の履修が不要となります。現場実習履修不要手続きは入学後の手続きとなります。また、本学通信教育課程入学または編入学後に相談援助の業務に従事してから1年を迎えた方は免除の対象となりません。

社会福祉士国家試験受験資格の取得を希望しています。4年制の社会福祉関連の学科を卒業しましたが、指定科目のみの履修は可能でしょうか。

できません。本学は、いわゆる一般(1年)や短期(6か月)「養成施設等」ではなく、「社会福祉士及び介護福祉士法第7条第1号による養成」を行なっていることから、本学において社会福祉士国家試験受験資格取得希望の場合は、社会福祉学科卒業と同時に取得していただくことになります。
したがって、社会福祉関連の学部・学科をすでに卒業されている場合でも、再度、学部(本科)の社会福祉学科に3年次編入学していただき、入学後「科目別履修登録」(別途費用が必要)を行なっていただいたうえで、卒業に必要な専門科目の履修と、それに加えて社会福祉士国家試験受験資格に必要な科目(単位)の履修をしていただきます。

社会福祉士国家試験受験資格取得希望ですが、現在、仕事についているため24日間連続して実習を行うことは不可能です。分割は可能でしょうか。

現場実習は、24日間以上でなおかつ、180時間以上が最低必要となります。これを分割して実施することはできません。ただし、教育実習などとは異なり、ある程度、実習可能な時間に幅があるかと思われます。一度、受け入れ先と十分に打ち合わせされてみてはどうでしょうか。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ