佛教大学通信教育課程

取得可能な免許・資格

教員免許状

幼稚園、小学校、中学校(「社会」「国語」「宗教」「中国語」「英語」「数学」)、高等学校(「地理歴史」「公民」「国語」「書道」「宗教」「中国語」「英語」「数学」「情報」「福祉」)、特別支援学校(知的障害者・肢体不自由者・病弱者に関する教育の領域)の各教員免許状を取得することができます。

特別支援学校を取得するには、幼稚園・小学校・中学校・高等学校いずれかの教員免許状を有していなければなりませんが、学部(本科)においては、これらを所持していない場合は、基礎となる教員免許状と同時に取得を目指すことが可能です。

取得可能な教員免許状一覧
学部(本科)



























中学校「社会」
高等学校「地理歴史」
高等学校「公民」
中学校・高等学校「国語」
高等学校「書道」
中学校・高等学校「宗教」
中学校・高等学校「中国語」
中学校・高等学校「英語」
中学校・高等学校「数学」

高等学校「情報」
高等学校「福祉」

1
幼稚園

2
小学校
特別支援学校 ※3

教員免許状(特別支援学校除く)の取得を希望される場合、自宅等に本学が推奨するパソコンとインターネット接続環境およびプリンタ等を有している必要があります。

※1
課程本科「福祉」免許状取得課程の入学資格はこちらを参照してください。
※2
認定こども園法改正に伴う、幼稚園教諭免許状および保育士資格取得のための特例制度に関する科目の履修が可能です。くわしくは、幼・保特例制度を参照してください。
※3
本学で取得できる領域は「知的障害者に関する教育の領域」・「肢体不自由者に関する教育の領域」・「病弱者に関する教育の領域」の3つです。

教育実習

佛教大学では、次のような考えに基づいて教員養成を行なっています。

  • 深い子ども理解
    幅広い教養と豊かな人間性を有し、子どもの内面を深く理解してその成長に寄り添い、自立を支援することのできる教員。
  • 高い指導力
    教職および教科・領域に関する理論知と実践知を修得し、教育現場において高い指導力(創造と問題解決)を発揮できる教員。
  • 豊かな関係性
    教職員や保護者、地域社会との豊かな関係性の中で、協働して教育活動に取り組むことのできる教員。

教育実習では実践を通してこの三点について深く学び、教職の専門性や独自性を深く考えることを目的とします。そして、自身の資質や能力について振り返るとともに、課題を明確にして今後の学習計画を立てる機会とします。

詳細はこちらをご覧ください。

介護等体験

小学校および中学校の教諭の普通免許状を取得するための要件として、7日間の介護等体験をすることが義務づけられています。
介護等体験の目的は、小学校および中学校の教諭の普通免許状の取得を希望する者が、障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験を行なうことにより、個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深め、教員としての資質の向上を図り、義務教育を充実させることにあります。

詳細はこちらをご覧ください。

TEL : (075)491-0239
受付時間 9:00~17:00(13:00~14:00を除く。木・日・祝日休み)
ページトップ