佛大通信大学院入試要項2018
40/44

38博士後期課程修士課程学習支援について インフォメーションセンターわからないことをすぐに確認したい、そのような学生の方の要望に応えるために、事務取扱休止日(木曜日、学事行事のない日曜日・祝日、年末年始等)を除いて毎日開室し、質問などに対応しています。 図書館(成徳常照館)2017年4月現在で約100万冊の蔵書と13,000タイトルの雑誌等を収蔵しています。1階から4階までの閲覧者用座席数は約700席で、2階から4階には学習用のパソコンを備えた研究個室が各8室設置されているほか、少人数で図書館資料を閲覧しながら利用できるグループ学習室や、CD、DVDなどの視聴覚資料が利用できるマルチメディア端末を備えた専用コーナーもあります。また、通信教育課程の在学生は、宅配便による貸出・返却(貸出時は着払い一律600円負担、返却時は実費負担となります)もできます。複写文献の取り寄せ・現物借用・他大学図書館での閲覧申請などもファックスやE‐mail等から手続きができます。また、図書館ポータルサイト(BIRD)にあるデータベースや電子ジャーナルなどは、自宅など学外からでも24時間利用することができます。なお、開館時間は授業日は9:00から20:00で、夏期スクーリング期間中は8:30から21:00となっています。その他、大学の行事等により、開館時間が変更されたり、臨時休館することもありますので、くわしくは図書館ホームページ(URL:http://www.bukkyo‐u.ac.jp/lib)で確認してください。 webによる学習サポートシステムインターネットに接続されたパソコン(下表の本学推奨環境が必要です)があれば、どこからでもリポートや科目最終試験答案の提出、スクーリングの受講申込、論文面接指導の申込、研究計画書の提出が可能です。学生個人のポータルサイトであり、自身の最新の履修状況が確認できるほか、フォーラムや専用のメールアドレス(在学中付与)を利用して学生相互の交流や情報交換を行うことも可能です。本学が推奨するパソコン基本性能(2017年度参考)メディア履修を行なわない場合メディア履修を利用する場合 ※1ディスプレイXGA(1024×768)以上OSWindows 7(SP1) / Windows 8.1 ※2 / Windows 10 各バージョンの日本語版ブラウザInternet Explorer 11回線速度ADSL 1.5Mbps 回線以上(必要最低速度 下り 800Kbps)アプリケーションソフト ※3Microsoft Word 2010 以上または 一太郎 2015 以上プラグインAdobe Reader XI 以上Windows Media Player 12Adobe Flash Player 23 以上Adobe Reader DC 以上その他プリンタがあること(印刷を行なわない場合は不要)オーディオ出力ができること※1 メディア教材を利用するのは I・S履修、SIS履修の科目です。※2 Windows 8.1では、デスクトップモードで動作しているInternet Explorerのみがサポート対象となります。※3 科目により別途アプリケーションが必要となる場合があります。 Macintosh、WindowsRT、モバイル端末(iPhone、iPad、Android等)は動作保証対象外です。システム変更等により、推奨環境は今後変更となる場合があります。サポート体制

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る